2010年01月31日

会社における車輛管理について

『社有車の業務外使用と企業の責任』
社有車が起こした事故については、業務運転中だけでなく私用運転中でも、企業が損害賠償責任を問われることがあります。
したがって、企業は適正な車両管理を行う必要があります。
 社有車の業務外使用に係わる企業の責任についてご紹介します。

■無断使用運転
 無断使用運転であっても、会社と雇用関係にある従業員が社有車を運転している場合その運行は会社の支配下にあり、私用運転といっても業務運転と変わらないとみなされ、企業の責任が問われることがあります。

社有車の無断使用中の事故で企業が責任を問われた事例

従業員が社有車を無断で持ち出して私用運転中起こした事故について、企業の責任が問われた例〔名古屋地裁・昭和56年7月10日判決〕
 従業員が社有車の鍵を無断で持ち出し、私用運転中に事故を起こした。運行は会社の支配下にあったものとして、会社に対し運行共用者責任を認めた。

■第三者による無断使用 
従業員ではない第三者が無断で社有車を運転して事故を起こした場合にも、企業の責任が問われることがあります。泥棒運転による事故の場合、車両の鍵やドアロックの有無、保管場所、盗難にあって事故を起こすまでの時間などによって、企業の責任の有無が判断されているようです。

第三者の社有車無断使用中の事故で企業が責任を問われた事例

路上駐車していた社有車を第三者が無断で運転中に起こした事故について、企業の責任を問われた例〔東京地裁・昭和56年9月7日判決〕従業員が社有車のドアをロックせず鍵をつけたまま路上に放置していたところ、第三者が無断で運転して事故を起こした。
従業員に保管上の過失があったとして、会社に対し使用者責任を認めた。


『マイカーの事故と企業の責任』
 従業員が通勤途上や業務でマイカーを運転していて事故を起こした場合、企業は貴重な労働力を失い、事故処理に多大な労力を要し、また企業イメージを低下させるおそれがあるほか、使用者責任や運転共用者責任によって損害賠償責任に問われることがあります。したがって、企業はマイカー通勤の実態を把握して、適正に管理する必要があります。
 マイカーの事故に係わる企業の責任についてご紹介します。

1.マイカー事故と企業の法的責任

■使用者責任(民法第715条) 使用者責任とは、被用者が事業の執行について起こした損害については、使用者が損害責任を負うものです。この被用者にはパート、アルバイトや下請関係の人も含むとされています。
■運行共用者責任(自動車損害賠償保障法第3条)
自己のために自動車を運行の用に供する者は、運行によって起こした人身事故について賠償責任を負います。会社の業務で自動車を使用している場合は会社が運行供用者になります。
 運行供用者責任を免れるためには、自己の運行・管理に過失がなかったこと、被害者・第三者に故意・過失があったこと、車両に欠陥がなかったことの3点を立証しなければならず、事実上困難です。

2.通勤途上の事故
 マイカーが通勤のみに使用されている場合には会社の責任を問われる可能性は少ないといえますが、業務と関係があると認められた場合は責任を問われるおそれがあります。
posted by よくある質問 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35034019
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック